クチコミ情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

【無料の企業PR広告】
クチコミ情報

最近は卸し問屋を介しない売買が成立するようになってきており、卸し商売の今後をどうするか、未来戦略が必要です。
一消費者としては、ものの原価に対価を払うのは理解できるのですが、できるだけ人件費を払いたくないと思います。私自身、仕事で商社を通したとき、いなくていいから、直接やり取りしたい・・・と何度思ったことか。
もう存在価値から否定していたりします。しかし実際は直接やり取りをすると、どこかで摩擦がおこったりトラブルになったりすることが多いのです。メーカーと消費者との橋渡しをする重要な役割の卸し問屋。ネットが普及し、直接メーカーから仕入れることができるようになったりして卸し問屋全体で見たら確実に規模は縮小しています。
しかし、だからといって卸し問屋の存在価値は決してなくなったわけではありません。
というのも、きちんとシステム化された売買方法を確立しているメーカーはいいですが、そうでないメーカーは卸し問屋が間に入らないことには流通がうまくまわらないのです。

また、卸しの存在価値がとても高い業種というのも中にはあります。消費者的には直接取引すれば安く手に入るかもしれません。しかし、メーカー側にも事情がありますので、卸し問屋の存在価値、もう少し認めてあげて下さい。
クチコミ情報